CROSS座談会

vol.02

株式会社
ウェルファムフーズ
丸紅ケミックス
株式会社
丸紅プロテックス
株式会社

TALK03

営業の心得休息

talk03_01
  • 眞家

    みなさんは、営業として心がけていることはありますか?

  • 吉田

    スピードと直感ですね。自分自身のブランドを確立するために、その2つにはこだわっています。具体的に言えば、お客さまからの問い合せにはできるだけ早く対応すること。ある程度の裁量を与えられているので、お客さまとの交渉では上司にいちいち相談せず、直感とスピード感を持って臨むようにしています。

  • 大場

    商社の営業はメーカーとお客さまの間に立っているからこそ、ただのメッセンジャーにならないよう心がけています。たとえば納期や金額などを調整するとき、メーカーとお客さまのどちらにも言い分があるので、それらを咀嚼して行間を埋めるというか。

  • 眞家

    言われたことを、そのまま相手に伝えない?

  • 大場

    そうですね。伝え方を考えるようにしています。そのまま伝えると、場合によってはトラブルになりかねない。お互いの落としどころを探すのは、間に立つ商社の役目だと思っています。

talk03_02
  • 眞家

    私は、お客さまに安心感を与えられるような営業になりたいと考えています。日本のお客さまのために海外から商材を探してくることが多いのですが、「本当に大丈夫なの?」と不安を抱かせないように注意を払っていますね。もちろん安全安心の根拠となるデータはありますが、それを私の口からきちんと伝えることが大事。とくに現地の様子など、この目で見ているならなおのこと。契約に至る最後の1〜2割は、先ほどの繰り返しになりますが人と人、普段のお付き合いの仕方が大切なんですね。

  • 吉田

    お二人は、取引先が外国人というケースも多々ありますよね。コミュニケーションを取る際、日本人との違いはあるものですか?

  • 大場

    日本的な曖昧な言い方はせず、やってほしいことをオープンに伝えるようにしています。たとえば依頼メールを書くとき、日本人相手だと「〜していただけると幸いです」みたいなフレーズで意思疎通できますが、外国人相手にはストレートな英語で「〜してください」と曖昧さをなくすよう上司・先輩方に教わっています。

  • 眞家

    私はなるべくフレンドリーに接するようにしていますね。英語では日常会話よりもビジネス会話の方がはるかに楽なんですけど、休日にあった些細なことを話してみるとか、そういうのは心がけています。

talk03_03
  • 大場

    休日は何をされているんですか?

  • 眞家

    先日、石垣島でシュノーケリングを楽しんできました。

  • 吉田

    わかります! 社会人になってから、休みがとれると自然の中に帰っていきたくなるんですよね(笑)。私はお取引先とのつきあいでゴルフを始めたんですが、いつの間にか趣味になってしまい、週に一度は練習場に行くようにしています。

  • 大場

    私も一応クラブのセットは持っていますが、あまりやったことがありません。もともと体を動かすことは好きなので、ときどきボウリングに行きます。大学時代には、ボウリング場で働きつつ、練習していたんですよ。